「Amazon」で電子書籍を売る

Amazonで本を出版することに決まりましたが、その次に考えることは、Amazonで独占販売をするのか、それともAmazon以外でも販売するのかという点です。

Amazonと楽天の両方で販売すればチャンスは増えるので、両方で販売したいところですが、残念ながらAmazonはそれを許しません。

「Amazonだけで販売する」、「Amazon以外でも販売する」、その違いによって印税の割合は大きく変わります。

Amazonで独占販売をする場合の印税は70%、しかしAmazon以外でも販売する場合は、印税が35%になってしまいます。

例えば1000円の本を売るとしたら、印税が750円になるか、350円になるかの違いです。

一冊あたりの売り上げで見ると大差ないようですが、販売部数が多くなればその差は大きくなります。

一冊1000円の本が1000冊売れれば、売り上げは100万円ですが、印税が75%なら受け取れる金額は75万円、35%なら35万円になります。

つまりAmazonで独占販売するかどうかによって、あなたが受け取る印税の額は大きく変わってきます。

なので、とりあえずはAmazonで独占販売をすることをお勧めします。

印税70%の方が得ですからね。

では、気になる楽天Koboの印税はいくらかと言うと、こちらも70%になります。しかも「楽天で独占販売する、しない」に関わらず70%の印税設定になっているので、Amazonに比べると良心的と言えます。

楽天のほうがサービスがいい理由は、Amazonに比べて遅れをとっているので、サービスを良くしないと楽天を選ぶ人がいなくなるからでしょう。

次は僕が運用している不労所得の仕組みについて紹介いたします。

僕が運用しているのはFXSUITのさんすくみで月利15%の収益を獲得することができる手法になります。

仕組み自体簡単でポジションを放置するだけで収益を延ばすことができるため誰でも簡単に運用することができます。

これから資産構築を始めたい方はFXSUITの「さんすくみ」を運用してみてください。

おすすめの記事