コロナウイルスと株価の関係について

本日は、先日お伝えしていた。「さんすくみ」

それよりも重要なことだと考え、急遽、新型コロナウイルスについて私が思うことをお伝えしようと思います。

すでに十分な対策をされている方もいらっしゃると思うのですが、街の人々の行動を見ると、心配になるのです・・・

まず、これを読んでいる皆さんは普段から情報収集されている方々ですので、「表に出ている数字が参考にならない」ということはご存知だと思います。

私はテレビを見ないのでどこまで報道されているのか知りませんが、事実として、中国では封鎖される都市が増え続け日々拡大する一方です。
(※致死率に関しては言及しませんが、基本的に外出禁止で出社禁止の会社も多く仕事どころではありません)

中国がこうなっている以上は、「後追いで日本も」と考える方が自然ではないでしょうか。
(=日本では病院に行っても検査を受けられないケースが大半であり、正しい感染者数が出てこないのだからデータ自体が参考になりません。また、オリンピック開催がかかっている日本としては積極的に安心材料を出したい立場です)

経済的にもかなり不安材料です。
日頃、投資をされている方には敏感になってしまう所ではないでしょうか?
私は職業柄? どうしても中国の状況を“先行指標” のように見てしまいます。
(※中国の情報が正確ではない可能性も考慮して)

次の動きを捉える上で有効なのは、表に出ているデータではなく確かな事実(ファクター)の方です。

そして、投資をしていると、目に見える情報は何の参考にもならず、むしろ「逆が正解になる」ということを経験上知っています。

国内と海外の対応を見比べてみて、どちらを参考にした方が良いのか?

今どうなのかではなく、今後どうなっていくだろうか?

だとすれば、今何をすべきなのか?

など、一度考えてみて欲しいと思います。

もちろん杞憂に終わるのであればそれに越したことはないのですが、果たして、ただのインフルエンザ程度であれば経済を犠牲にしてまで都市を封鎖する必要があるのでしょうか。

確かに完治した人もいるのでしょうが、これから感染者が急増していっても病院は適切な処置を続けられるでしょうか・・・

個人的には、仮にこれから感染が広がって一時的な急落があったとしても関係なく、「株価は上がっていくかもしれない」と想定しています。

普通に考えると理解しがたいでしょうが、すでに実体経済は反映されておらず『今の相場に理屈は通用しない』というのが私の認識ですので、目の前の情報に振り回されないようにくれぐれもご注意下さい。
(※情報を元にして動くのは下手な投資です。

買う理由が見当たらなかったとしても誰かが大きい資金で買えば株価は上がるのです)

・・・そして、最後の最後になりますが、“破綻することなく何年でも使える、月利10%以上の安心安全な手法今後、仕事どころではない状況になってもこれなら収入を得ることができます。

このような時期だからこそ、トレードにあまり影響のでない投資法があります。
参考サイトはこちら
試されて見るのもいいですね。

おすすめの記事