コロナ恐慌で住宅ローン返済ができなくなったらするべき事。

こがちゃんねるです。

家のローンが払えない!
今日、そんなニュースを見ました。

会社が倒産、給料の減給などで住宅ローンが返せなくなるというのです。

もし、返却できなくなる恐れがあるならすぐに債権者(金融機関)に相談してください。
返済条件の見直しや変更等をができる場合があります。

収入が回復するまで、月々の支払いは軽減され、家計の負担を軽くする事が可能になります。

この交渉の事をリスケージュルと呼んでいます。

間違ってはいけないのが、リスケージュルをしたとしても住宅ローンが減額された訳ではないです。
ただ毎月の返済額が少なくなる事で返済期間が伸びます。

住宅ローンの支払の滞納が3〜6ケ月続くと、債権者である金融機関は競売の手続をし、強制的に滞納者(債務者)の家やマンション(不動産含む)を売り払い、その売却した
代金から残った住宅ローンの債権を回収します。

こんな事になる前に普段から投資などで収入を増やす事をお勧めします。
FXSUITでの3すくみノーリスクの貯金通帳にお金を入れておくだけの様な投資です。
スワップという、金利でかせぎます。

リスケージュル

登録方法あなたの生活が手遅れになる前に始めてみてください。

おすすめの記事