世界で起きているインフォデミック―情報を受け取る時代から取捨選択する時代へ

こんにちは!こがちゃんねるです!
コロナが最近落ち着き気味で一安心しています。

でも、油断はしてはいけないと思いますが、今回のコロナ禍でとても勉強になっりました。

インフォデミックって聞いたことありますか?

インフォメーション(情報)とエピデミック(感染症の急拡大)を合わせた造語のことで、ネットで噂やデマなど大量の情報が氾濫して現実社会に影響を及ぼす現象のことです
エピデミック

SNSが一般化した今は情報が拡散しやすくなっていて「情報拡散力」はSARSの時と比べると68倍だそうです。

お店から消えたトイレットペーパーなどがこれに当てはまります。

「中国から輸入できず、品切れになる」Twitterやメディアで流された情報はふくらみ。

実際にはこれを見てみんなが本当と思って買いに走ったわけではなく「ほとんどが国産ですよ」「落ち着いて」という善意のデマ退治投稿が次々を広がってそれによりTwitterの話題上位に上がっていき同時に紙製品が品薄を知らせる注意喚起の投稿も増えていったそうです。

疫病や災害が広がっている今は悪い情報が先行し目に入ります。
正しい情報を選択できる目を養いたいです

数多い情報の中で現代では取捨選択はSNSをする上では重要なことです。
正しい情報を選択できる目を養いたいですね。

SNSでは、給付金が出るので投資をしましょうと、いろいろな案件も出ていますが、新しく出来たものは詐欺の可能性も高いです。
コロナショックより前にあったFXSUITでの3すくみなどは、安全といえると思います。

給付金10万円で試すのも良いですが1万円で増えるのかなど自分の目で確かめてSNSに惑わされないのも大事だと思います。

登録方法です。
簡単に登録出来るので、コロナ禍で勉強になった分を得して脱出しましょう。

おすすめの記事