金銭的リスクなしの電子書籍出版(印税率70%)

紙媒体で本を出版するとなった場合、様々な面で金銭的なリスクを伴うこととなります。

印刷費であったり、実体のあるものであったりするため売れなかった場合には不良在庫になってしまう可能性もあります。

これに対して電子書籍の場合は、実体がない分、これらのリスクを負う必要がありません。

仮に売れなかったとしても在庫に頭を悩ませることがないので出版に対してのハードルも低くなると言っていいでしょう。

また、印税率の高さも魅力の一つと言えるでしょう。

電子書籍を出版してそれが売れれば印税として販売代金の数%が収入として入ってきます。

電子書籍の場合は印税率70%ほどになるものもあるため紙媒体と比べてもかなりの高さと言えます。

書籍に興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

ここからは、誰でもできる投資法をご紹介致します。

書籍出版は分校性が苦手な方には参入障壁になるかと思います。

僕が行っている投資法は銀行の預金感覚で行うことができるので誰でも資産運用を行うことができます。

FXSUITという海外証券会社を利用した手法になります。

月利15%を安定して生み出すことができるので是非導入してみてください。

おすすめの記事